« Taverna de Haro スペイン料理 | トップページ | 独立記念日 »

ポートランドの寿司

アメリカの最北東部の州、メイン州。ほとんどカナダに食い込んでいて、グリーンランドももうすぐというくらい最果ての感じです。しかし州都ポートランドはボストンからクルマで2時間。海産物がうまいというので早速行ってきました。Maine
















Portland_009これがポートランドの市街地、オールド・ポートランド。市街地は歩いて回れるほどで、過疎化の進んだ日本の地方都市レベルでしょう。赤レンガはボストンと同じですが、ひなびているところが、ボストンというより小樽に似ている感じがします。










Portland_004街以上に感動は、すし屋。実は「弁慶」「札幌」など、新鮮な海産物をバックにすし屋が充実しているのが、ポートランド。日本で食べるあん肝やうにの多くは、このメインから輸出されているとのこと。今日はいちばん観光中心スポットに近い「Sapporo」へ。










Lobster_tempra2これ、なんとロブスターのてんぷら。「やってはいけないことをしてしまった・・・」感もあるが、まあ食べれないわけではない。しかし泥臭さ、独特の粘り感は避けられず。えび天と比べたらえびが激怒するだろう。





















Sushi3寿司は、さばやあじなど日本人御用達のものも充実。写真は、アジとウニ。アジは、日本のものに比べてギラギラ感は乏しいが、ボストンのすし屋に比べると明らかにポーション大!ウニは余分な脂分やぬめりがなく、アメリカ産のクセに馬糞うにの風格まであります・・・ランチメニューもありますが、バラでお好みを注文するのがいいでしょう。1カン$5前後。










ポートランド、おしゃれな小物を扱っているお店も多く、日帰りドライブにおすすめ。オイスターや幻のメイン・シュリンプも楽しみたいが、冬に行けるかどうか・・・・

|

« Taverna de Haro スペイン料理 | トップページ | 独立記念日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Taverna de Haro スペイン料理 | トップページ | 独立記念日 »