« 論文執筆 | トップページ | レキシントン »

炭酸飲料レビュー①

日本にいるころは「濃い味」などお茶ばかり飲んでいたが、アメリカに来てからは一転して炭酸飲料三昧。われながら節操ない嗜好だが、一通り試したのでいちおうまとめ。

Dietcoke

























コカコーラ。アメリカでは種類が豊富で、以下のバリエーションがある。

クラシック、ダイエット、カフェインフリーダイエット、ゼロ、フレーバー(ライム、ラズベリー、ブラックチェリー)、スプレンダ(低カロリーの糖質で味付け)

よく飲むのは、ライム。さわやかな柑橘の香りがカラメルに合う。ブラックチェリーはめちゃ甘くNG。過去に日本に上陸を試みて失敗した前科アリ。

「骨が溶けるからのんじゃいかん」と子供のころ親に怒られたが、科学的なエビデンスはない。でも飲みすぎはカルシウムの吸収、あるいはいくらダイエットでも影響はあるだろう。













つづいてペプシ。消化管酵素の一種「ペプシン」が名前の由来。


Diet_pepsi













ノーマルとダイエットがあり、それぞれにレモン、ライム、ワイルドチェリーのフレーバーがある。チェリー以外はおいしい、個人的には。

しかしペプシの缶が自宅の冷蔵庫に列をなして貯蔵されいるのを見ると、「アメリカ人みたいに成り果てた・・・」となえる。たぶんこの缶のデザインのせい?



たいていのスーパーで缶4ダース$10のセールをしているので、それをいつも買っている。1缶=約21セント=約24円?

高いと節制する気もおこるのだが・・・・・

|

« 論文執筆 | トップページ | レキシントン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論文執筆 | トップページ | レキシントン »