« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

雑誌の取材

日本の雑誌がうちのラボに取材にきた。医学系ではなく、青山や原宿の美容室などに置いてあるような系列の雑誌。というわけで、敬意を表してエトロのシャツを着て行った。

僕もエキストラ研究者として写真におさまったのだが、採用されるかどうかはビミョー。
掲載は5月下旬の号とのこと。

























| | コメント (0)

ニューベリーポート

4月下旬にしてようやく週末に日帰りドライブできるような暖かさに。やはり海が見たくなり、マサチューセッツ州北部の景勝地、ニューベリーポートへ。ボストンからクルマで1時間ちょい。

しかしニューイングランドの港町、どこもいっしょみたいだなぁ。

Newburyport_001















ラボの同僚が言うには、この街の近くにあるPlum Islandという自然保護地区がおすすめらしい。夏は蚊がひどいらしく、今がいい季節とのこと。



帰りに、ハマーのリムジン発見。これ、選挙なみの連呼スタイルCFでおなじみ、Casablanca Coach!ハマーのリムジンで悪徳医師気分を味わいたい!

Newburyport_009

| | コメント (0)

Redsox ソロ4連発

松坂はピリっとしなかったが、勝ち投手になったのでまあいい。それより圧巻は、

Manny → J.D.Drew → Lowell → Jason

ソロホームラン4連発。写真は滅多に見ないBoston Herald誌より。

Mannyltp04232007_1

































得点効率としては最悪なんだが・・・・まあ盛り上がりはこれ以上ないだろう。

| | コメント (0)

ビジネススクール

某名門工科大学ビジネススクールの講義をモグリで受講。ビジネススクールの友達が手引きしてくれた。写真は廊下からのチャールズ川。

Mit_sloan_002


















お題は、「Consumer Behaviour」。ダンキンドーナツより少し高いお金を払ってスタバに行く理由は?、分割払いと一括払いではどう心理的に違うの?などなど。

そういえば患者が実際窓口で支払っているお金、あるいはどうしてこの患者さんはこのクリニックを選んだか、などに考察の甘かった自分が恥ずかしいくらい。

その後、スタバでアントレプレナーについての議論。業界の種類にかかわらず日本型組織では、いいところもあるけど今後厳しいという点で一致。しかしそこに努力とエネルギー、工夫でチャンスがあるかもしれない、とのこと。

うーん、日本の医療制度は既に崩壊中なので、やっぱりこういう変動期が逆にビジネスチャンスなんだろうか。

| | コメント (0)

ボストンマラソン

今日はボストンマラソン。去年はクーリッジで観戦だったが、今日は雨&仕事だったのでダイレクトには見れず。

Marathon_t_1













でも夕方の地下鉄は、走り終えたランナーでいっぱい。足を引きずっていたり、気分悪そうな顔していたり、こっちのほうが現実感がある。

| | コメント (0)

Dice-K

Dicek_025生Dice-K

見ることができました。

























Tomdennis2 ついでにNESN名物キャスター、Tomと堀内孝雄Dennisも。カメラを向けたらなんと僕に向かってカメラ目線で、このナイスな笑顔。




ますます好感度大Hato_5

| | コメント (0)

Ridge 2002 California Monte Bello

Ridge_monte_bello_004


























4月8日日曜日。イースター&花祭り&僕の誕生日&論文publish記念、とネタも揃ったので、スペシャルワインを、ってノリに。

1976年のパリ対決でボルドーワインを負かしちゃったスーパーワイン、

Ridge 2002 California Monte Bello

を楽しむ。



パーカーポイント94点は、なかなかお目にかかれない高得点。vintageによって品種比率も変えているようだが、2002年はカベルネ74%、メルロー18%、プティベルド8%。

ロバート・パーカーにとれば飲み頃はまだまだ先で2011年以降らしい。でも、大丈夫。
じっくり煮詰めた黒すぐりのアロマ、そしてボルドーに比べてスパイシー感が強い。丁子のもつパンチに似ている。


口に入れると・・・なんとテクスチャーというか、キメの細かいこと!舌の上で上品にこなれて消えていって、しかもアメリカワインにありがちなマッチョな力強さはなくエレガント。よく見ればアルコール度数は13.3度でとってもマイルド。


料理はフィレ・ミニヨンに合わせたが、正解。ラムよりはフィレ肉がいいマリアージュ。リッチな果実感とスパイシーさが、牛肉に合う。


たぶん日本だと入手困難、あっても3万円以上は確実、レストランだと、自腹じゃムリ?!こちらでは$130。まあ高いが、せっかくのアメリカ滞在中のスペシャルデーには、いい選択と自負。

| | コメント (0)

ワインスクール

Wine




















性懲りもなくadult educationのワインスクールに夫婦で通い始めた。6回コースで、1回で10種類テイスティングできる。

苦痛を極めたEnglish as second languageの英会話よりぜんぜん楽しい。語彙も本を読むより、先生や生徒の「ああこう言うのね」のほうが、ずっと印象深く覚えられる。

しかしスカしたお兄さん、一癖あるような奥さん方、女房に禁酒を命じられているのにきているおっさんなど、ワインスクールにくるメンツのキャラは洋の東西を問わず濃い。

So are we.

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »