« アパホテル日本橋 | トップページ | 留学報告第1弾終了 »

G冬舎ルネッサンスセミナー

 土曜はあの有名な出版社、G冬舎ルネッサンスの出版セミナーに参加してきた。月1回タダ開催されているので、気軽な気持ちで。参加者30人ぐらいと、結構な人数。年齢層はやや高めか。

 自費出版の新風舎の倒産など、出版冬の時代といわれる。その逆風の中で、「弟よ」「陰日向に咲く」などのヒットを出し続けるコツ、というものを編集局長のかたが、90分ほどで話していただいた。

 「印税で海外旅行に行くには20万部必要」
 「イラストを入れると、費用がそれだけ高くつく」
 「タイトルと表紙が重要、G冬舎の本の表紙決定の際には、社長の決裁が要る」

などなど、門外漢の僕にとっては、すべてが新鮮な情報ばかりだった。出版社も、魅力あふれた書き手をいつもサーチしていないと、存亡にかかわってしまうってことだね。危機感が伝わってくるぐらい。毎月テーマを変えて、しかも無料でセミナーをやっているので、興味のある方はふらりと出てみると面白いかも。個別相談もしてくれるそうだが、そこまでのコンテンツは、まだまだ。




|

« アパホテル日本橋 | トップページ | 留学報告第1弾終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アパホテル日本橋 | トップページ | 留学報告第1弾終了 »