« 中目黒 | トップページ | 高級ワインほど脳が反応 »

ボストンのワーストグルメ

 40年弱生きてきたが、生涯最悪のイタリアンに留学中遭遇したっていう記事。みなさんにこの悲劇は繰り返してほしくないので、店名も出してしまいます。

 その店はボストンじゃなくて、ニューハンプシャー。ニューイングランドの紅葉見物に1泊で出かけたのだが、Lincolnという街に泊まった。この街は、ルート93沿いで、ホワイトマウンテン地域の入り口にあたる。そして、問題のレストランが、このFratello's。このお店の写真を見ただけで、「おえー」な記憶がよみがえってくるわ。

 Fratello











街を回ってもロクなレストランもなく、いちばん立派そうでチェーン店らしいここを選んだわけ。イタリアンなら外れもないだろうな、って。

しかし、、

写真はない(当然!)ので、解説だけ。ラグーのパスタを頼んだのだが、なにやらハーブとも薬品ともつかぬキツい香りのミートソース。そしてもちろん麺は完ユデ。自分でレトルトで作ったほうが、はるかにうまい。どうしたらこんなマズいパスタを作れるのかと、妻と話していた。

メインは、牛のグリル、マルサラ風ソース。名前は立派だが、バラ肉みたいな中途半端なサイズの肉に、ビチョビチョのソース。これがなんともツンと来るマルサラ酒の臭い!あえて香りと書かない、あんなの悪臭だ!もっと酒を飛ばさんといかんだろう。

おまけで、ビール。ビールぐらいはどこでもいっしょだろ・・・・コップが臭かったです。

Lincolnは、ホワイトマウンテン観光にはいい出発地だが、泊まるとリスク大。ちょっと奥にはいるが、North Conwayという街が、宿泊にはおすすめ。ちょっとしたリゾート向けのいいホテル、感じのいいB&B、などがある。

|

« 中目黒 | トップページ | 高級ワインほど脳が反応 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中目黒 | トップページ | 高級ワインほど脳が反応 »