« 学会費用で出費がかさむ | トップページ | アマゾン・レビュー  »

ボストン 外食グルメ ベスト3

 ひさびさにブログタイトルと一致した記事。2年の滞在を終えて振り返ってみて、ボストンでのベスト・ダイニングアウトはこの3つ。


 1.Elephant Walk (カンボジア・フレンチ)

 2.Neptune(オイスター・バー)

 3.Matt Murphy's(アイリッシュ・バー)


 基準はやっぱりリピートしたい度。Elephant Walkは文句ナシだね。Manhattanでも東京でも、今のところ味わえない洗練された料理の数々。エスニックとフレンチの融合っていうとベトナムだろうけど、また一味違うんですよ。とにかく手が込んでいる。うちの妻の友達が来たときも絶賛だったし、ブルックライン在住の日本人の間でも評価高い。

 オイスターは、日本と比べて格段に安いのがいいところ。日本の半分か3分の1くらいの値段かな。カクテルソース、ホースラディッシュなどスパイシー系ソースのおいしさに開眼したのも、アメリカ生活の恩恵。Neptuneは、ほかにもムール貝の蒸し物など、料理もすばらしいので、行っていない人はぜひ行くべき。オイスターの本場は実はメーン州なので、こちらが本当のおすすめかもね。メーン州の観光地、バー・ハーバーに遊びにいったときも、思い出は風景よりも、当地名物のオイスターとワイルドブルーベリー・パンケーキ。

 ボストンはアイリッシュ系の多い街でもある。Murphy'sは近所などで、ちょっと友人と飲みたいときなどに使った。ビールのバリエーションの多さは、さすがでした。おすすめは、クリーム・スタウト。料理も、フィッシュ&チップスなど英国系なんだが、本場よりもおいしいと思ったくらい。ラム肉のパイ包み焼きが、人気があるみたいね。

 イタリアン、ロブスターもあるけど、落選。イタリアンは、日本のほうがはるかにレベルが高い。ロブスターは、味は泥臭くてまったくおいしくない。でもボストン再訪のときは、おそらくリーガル・シーフードでロブスター注文だな、「正月は初参り」「京都では八つ橋」みたいに、定番モノが好きな性分なんでね。

|

« 学会費用で出費がかさむ | トップページ | アマゾン・レビュー  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学会費用で出費がかさむ | トップページ | アマゾン・レビュー  »