« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

名古屋グルメ

本日のグルメ

昼食 とんかつ・かつ雅 小幡店
13時で行列。味噌ロースかつ定食を注文。肉はほのかな甘みがあって、上品。たれは、矢場とんよりあっさりしていて上品。

夕食 栄の居酒屋・kululuへ。名古屋コーチン、ぶりの刺身、鳥だしのきしめん、など。食事よりも、ひさびさのプレミアム・モルツに感動したりする。

栄も、お店の栄枯盛衰は激しいみたい。若者向けのお店が多いので、僕ら世代に合うお店は、ビジネス街の伏見のほうが今はあるかもしれない。次回開拓。

| | コメント (0)

名古屋へ

今日から日曜まで、お休みをいただいて妻の実家の名古屋へ。帰国してからなかなか帰れず、すっかりごぶさたしてしまって、まったく申し訳ありません、ってブログで謝罪してもしようがないか。3月も結構予定が詰まってきたので、今週行っておかないと、チャンスを逃しそう。

さて、ひさびさの名古屋でどう過ごそうか。栄で飲んでもいいし、ひさびさに矢場とんの味噌カツでもいいな。ワインバーも、捨てがたい。でもファミリーとの再会がやっぱりうれしいかな、今の蟄居幽閉生活を考えると。ちなみに官舎からの脱出まで、あと、17日。


| | コメント (0)

研究計画

発想を転換して、海外学会のデッドラインから逆算して、実行可能な計画をすすめることにした。そのほうが、モチベーションがわく。コラボも精力的に展開することに。既存のノウハウを使えば、ゼロから始める途方もない時間をカットできる。フル装備の超弩級研究計画は、今のところ放棄。

目指すは、2009年アメリカ睡眠学会。2009年のシアトルに向けて始動、なんかスポーツ選手みたいだな。

| | コメント (0)

Marquis Who's Who③

またしても、キーワード「Marquis Who's Who」でかなりのアクセス数。ドメインac.jpから、かなりの数のアクセスあり。旧帝大そろい踏み、それに僕の母校のドメインも2件あるな。今のところ、僕に実害も実益もナシ。あまりプライバシーは、書かない方がいいかも。以上、経過報告。

| | コメント (0)

宇都宮ギョーザ

栃木県の某医大からオファーを受けていたんだが、都内の母校に戻ることになったので、教授に辞退のあいさつをするため栃木に行ってきた。教授はちょっとがっかりしたようだったが、今後もお互いWin-Winなコネクションが維持できるようにと景気よく話を締めたので、後味よかったはず。ついでに今後のコラボ計画もまとめてきた。

しかし、メインはやっぱり、ギョーザ。このごろとにかくニュースへの露出が多いが、あれを見るたびに、なんとか宇都宮へ行くタイミングを見計らっていたのも事実。いつも行くのは、老舗「みんみん」。宮島町本店は休みだったので、JR宇都宮駅店へ。

地ビールと焼餃子2人前を注文。ごはんとザーサイとのマリアージュも絶妙なのだが、ダイエットのためご飯はカット。写真がないのが惜しいが、なんといっても皮の薄い部分が焦げてクリスピーなクレープ状になっているところが、素人ではなかなかできない業。客もたいてい、具や全体のバランスがどうのこうのより、この焦げた皮を賞賛する声が多いようだ。地ビールが、これまたエール系。サム・アダムズにちょっと似ている。あれほど苦味はないけど。

たまには食べたい、宇都宮ギョーザ。しかも冷凍じゃなく、もちろんナマで。少しエネルギーが付いたところで、北関東より寒々しい官舎脱出まであと19日。






| | コメント (0)

電子カルテの練習

夕方、母校の精神科外来に出かけてきた。医局の先輩に時間を取っていただいて、電子カルテのインストラクションを受けるため。10年も学外に出ていたので、自分がいた大学とは思えないくらい変わっているね。電子カルテも、今までアナログばかりだったので、新鮮。でも初めは何回かフリーズしそうなので、対応策をお願いしておいた。

赴任は4月1日。辞令交付もなく、いきなり1日外来だそうだ。さすが、余剰人員ゼロの日本の医療現場だ。日々しっかり睡眠をとって、タフな大学病院生活に耐えないといけないな。

| | コメント (0)

春一番

昨日からすごい風で、このオンボロ官舎もどうなるかと思ったくらい。今朝シャワーを浴びようとしたら、床が砂だらけだった。さらにヘコむこと。駐車場の僕のクルマの前に、やや高めの木の柵がある。かなり腐っているんだが、その留め金が外れて、ちょうど一本の長めの材木がハンマー状にブラブラしている。風向きによっては僕のクルマをハンマーのように殴打しかねないので、慌てて別スペースに移動しておいた。

春一番に先を越されてしまった。崩壊の危険性も決して低くない、管理不十分のデンジャー官舎からの脱出まで、あと21日。長い・・・

| | コメント (0)

日経メディカル主催の講演会

ボストン時代の知り合いが主催するセミナーに行ってきた。企画は、医師のキャリア・パスを考えていくというもの。臨床だけでなく「+α」のキャリアを持って、閉塞感漂う医療業界をよいものに変えていこうという、意欲的な試みだ。

おそらく日本一有望な心臓外科医のTさん、ロースクール仕込みの法律家の知識も持つ内科医Kさん、公衆衛生だけでなく行政管理の最前線も見たEさん、そして主催者のMBAホルダー、Yさん。能力的にもすばぬけているのはもちろんだが、人間的にもcharming。自然と人が集まってくる。それは、この間の起業家セミナーの話とも通じるね。多くの人が面会を求めているなか、僕も再会の握手をしてきました。

留学中に知り合った人とは、再会時になぜか笑顔で握手となってしまう。でも妙な同窓意識?なのか、会うと別の次元のうれしさがあるね。あのストイックな街で苦労した、って経験で、気持ちが通じるんだろうか。僕は「+α」というよりは、常時バグ修正中の「β版」みたいなもんだが。Yさんいわく、「変える」より「変わる」は、同意ですね。なんかBarack Obamaみたいだが、今後も彼らに期待と同時に、自分もキープ努力、だな。

前向きな気持ちで考えよう!、ってことで、孤独な官舎からの脱出まであと22日。



| | コメント (0)

アクセス解析

たまに本ブログのアクセス解析を見る。検索ワードの分析よりも、アクセス元が面白いね。ほとんどはocnとかso-netなどの一般プロバイダ。で、なかにはharvard.eduとかu-tokyo.ac.jpなんてあったりする。研究の合間の中休みとしてご覧になっていただければ、うれしい。

特に留学後のリサーチャーがどう過ごしているのか、については参考に・・・ならないか。ほかの人と違いすぎるかも・・・・まあ、人それぞれ、ってありきたりなオチで。と言っているうちに、小春日和ながら中は冬同然の官舎からの脱出まで、あと23日。

| | コメント (0)

MLB

なんだかんだですっかりレッドソックスのファンになってしまったが、MLBの他のチームも興味も持ってみるとなかなか面白い。アメリカでは毎日テレビ観戦で、他チームの面白そうな選手も覚えられたんだが。新居でも、スカパーでMLBとヨーロッパサッカーは契約したいところ。で、公式ガイドなんだが、早く2008年版が出んかな。


2007 Baseball Register - Your complete guide to Major League players & prospects Book 2007 Baseball Register - Your complete guide to Major League players & prospects

著者:Sporting News
販売元:Sporting News
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今年はBig Papiが真ん中かな。もちろんMannyでもOKだが。東京ドームでのSox観戦を楽しみにしつつ、獄舎からの脱出まであと24日。

| | コメント (0)

メトロポリタン・オペラ

帰国1ヶ月ほど前にニューヨークにいったときに、一度は見てみたかったメトロポリタン・オペラに行ってきた話。2年のストイック生活に疲れて、豪遊してきちゃったんだけどね。演目は、ヴェルディのアイーダ。愛を語るイタリアオペラじゃないと、なんとなく面白くない。

ネットで$75ほどの席を取ったんだけど、それでも安い方。ボストンと違って、NYはセレブ臭がプンプンするわ。

Metropolitan_opera2

























しつこいが、BSO聴衆とはちょっとキャラが違うようだ。ちょい悪系やビジュアル系も、混じっていたりする。

Metropolitan_opera11












今は初台の劇場もそうだけど、設備は最新式のところが多い。でも、ここは格式と歴史のあるメトロポリタン・オペラです。ちゃんと席の前には、字幕表示用の電光パネルがついてます。

Metropolitan_opera8













「やっぱり貧乏勤務医or研究者より、金持ちがいいかな」と書いていて思ったりもする、艶な雰囲気。

Metropolitan_opera4













開演前に近くの安いSushiを食べてから行ったんだけど、かなり満足。次はミラノ・スカラ座だな。曲はプッチーニがいいね。将来構想としてはリムジンでゴージャスに乗り付けたいが、今のところは脳内妄想の段階。

NYを懐かしみつつ、アイーダで主役が生き埋めにされる墓室のような官舎からの脱出まで、あと25日。












































































| | コメント (0)

ボストン・シャングリラの肉うどん

ひさびさのボストン・グルメネタ。四川料理店、シャングリラの肉うどん。知らないとモグリ?ぐらい、現地日本人にとっては有名。ベルモント市の近くにある。

Photo













ランチの肉うどんが有名。週末のお昼時は行列必至。われわれは、ランチ終了間際の14時前に駆け込みで何回か入った。
そしてこれが、問題の肉うどん。メニューは相変わらずよくわからないが、「Beef Noodle」と主張するとOK。写真ではあの激しい辛さが伝わってこないね。

003






















何回かリピートしたんだが、それくらいクセになる味。八角やら丁子やらのニュアンスがあって、コリアンとは異なるまた独特のスパイシー感。

ここで注意点。うどんの辛さが、モノによって一定していない。

初めて食べたときは、顔を近づけただけで喘息患者のように咳き込んでしまった。しかも汗が大量に出て、妻から死ぬんじゃないかと心配されたこと。アナフィラキシー・ショックなんか起こすわけないだろ。でも2回目は、ほどほどの辛さ。初回はランチ最後の客で、お店のひとはもう「まかない」を食べるモードだった。それで香辛料の分量を間違えたんだろうな。

訴えたいのは、瀕死になってもリピートしたくらい、クセのあるおいしさだってこと。ジクロルボスでなければ、ぜんぜん再チャレンジOKだ!

と、激辛四川うどんを懐かしみつつ、香辛料もロクにない収容所官舎脱出まであと26日。













| | コメント (0)

スタバ

アメリカでは値段が高くてほとんど飲めなかった、スターバックス・コーヒー。帰国してからはどうかというと、アメリカが懐かしいのか、書斎代わりというか、結構使っている。たまにシナモンロールやドーナツまで頼んでいて、この間はスタバカードまで買ってしまった。ヤニ嫌いの僕にとっては、タリーズやエクセルシオールと違って、完全禁煙も必須ポイント。

今はコーヒー・ショート(240cc)=280円?上がったのかな。でも帰国後の僕はグランデ(480cc)=380円?を頼むことにしている。ショートでは量がもの足らないのと、+100円で容量が倍増するので、トクかな、と思って。

以上の話は、この本のまったく受け売り。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 Book スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

著者:吉本 佳生
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



まあ、量が多い方がネバれるし、本もゆっくり読める。ただ不満なのは、スタバってどこもいっぱいで座席の確保が難しいこと。どこかすいていて、静かでゆったりしたスタバはないものだろうか。銀座松屋近くのスタバが雰囲気的に理想的なんだが、あそこもかなり混んでるしな。スタバファンのブログでも検索して調べたいところだが、そこまでの時間はちょっとないね。

と、コーヒーメーカーすらない、貧困官舎からの脱出まで、あと27日。

| | コメント (1)

ヨーカドーとPrecce

リッチだった独身時代のGlosary購入は、中目黒のPrecceで買っていた。品も高級なものも多く、ジャム売り場で10分近くも長考していたリリー・フランキー氏、魚介類を厳しく選別していたキム兄を見かけるなど、なかなか面白いところであった。

さて現在は、ダイソーで買ったエコバッグを持って、トヨタ車でヨークマートか西友に行く生活。これはこれで生活感があって、アメリカにいたときのように特売品をついつい買ってしまう。
でもこの暮らしももう少し。新居の1Fには大丸ピーコックがあるんだが、そこで買い物できるくらいの余裕ができればいいんだが。

というわけで、ボロ官舎脱出まであと28日。

| | コメント (0)

起業家研究会

友人達に誘われて参加した起業家研究会。おもにMBAホルダーで起業を目指すひとの集まりだが、起業家をサポートする(私のような?)エキスパート・プロフェッショナルも歓迎だそうだ。

2つの講演がメインで、ひとつはアイチエイジングのベンチャーのお話。ご本人もおしゃっていたが、アンチエイジング産業は玉石混合状態なので、科学的なエビデンスを他社との差別項目にしているそうだ。あと、資金や人間関係で悩むと、抑うつや不眠になるというお話も印象的。そういうときに、相談できる人脈つくりが、重要でだそうだ。それにはなにが必要か・・・まあそれは後日。

果敢に質問させていただいたが、認知症やうつ病のプリベンション、さらに充実した睡眠など、脳関係を今後は重要視しているとのこと。名刺交換をさせていただいたが、今後お互いにコントリビューションできればうれしいという話になった。

後半は、シリコンバレーでのベンチャーを応援していた若手弁護士さんのお話。日本の会社法改正で法律上の壁は低くなったが、既存銀行家・証券会社の「脳内の壁」が厚くて、なかなかうまくいかないそうだ。いずれアメリカ的になるのかな。

懇親会は、近くの飲み屋。まあ、話題の合う人もいれば合わない人もいる。次々回ぐらいにスピーカーをしてくれ、ってことなので、ネタも考えとかないといけないな。あと、アンチエイジングの社長さんにメールね。

| | コメント (0)

Kinko'sで名刺

明日は起業家セミナーに行かなきゃいけないので、急遽Kinko'sで名刺を注文。オンラインで注文OKで、24時間でできる。4月からの肩書きで作ってしまって、フライング気味なんだが。ちゃんと”4月より”って書いとけば、経歴詐称にはならんだろう。

| | コメント (0)

ピエール・マルコリーニのチョコ

妻からのバレンタイン。辛党なのでチョコはあまり好きではないんだが、有名なPierre Marcoliniのチョコは一回食べてみたかった。


赤いハートのチョコが、外見スゴくてアメリカ人好みかなぁ・・・と思う。ディズニー白雪姫の絵本かヤッターマンにでも出てくる毒リンゴのイメージだな。

Photo













デザートワイン、なかでもポートやバニュルスと合わせたいが、今夜は当直。
病院検食のあとの、お口直しにいただいたが、結構このリンゴがおいしかった。表面のコーティングに、ちょっとフルーツのテイストがある。リンゴかどうかはわからなかったけど。
















| | コメント (0)

新居のベッド探し

なにせうちは家から家具から、すべて一から揃えないといけない。頭が痛くなってくるが、痛いばかりも言っていられないので、ちょっとチラ見で大塚家具さんへ。大塚家具さんといえば、会員制で、コンシェルジュがマンツーマンで接客してくれることで有名。

やっぱりアメリカ帰りなので、アメリカ製で!ってことで。実はわたし、Simmonsぐらいしか知らなかったのだが、KingsDownというメーカーがコンシェルジュの方によるとおすすめだそうだ。シングルクッション、ダブルクッションなどの違いを丁寧に説明していただき、寝そべって寝心地を体験。今のせんべい布団よりは格段にいいし、自宅でこんなにいい寝心地でいいの?と思ってしまう。松井秀喜選手が使うのも、納得。

日本人は伝統的に固めのクッションが好みだそうだが、最近は柔らかいのもよく売れるそうだ。僕もこのメーカーのダブルクッションが気に入ったのだが、結構いい値段。衣食住には投資を惜しみたくないが、過剰投資で顧問会計士がいたらクレーム来そう。

| | コメント (0)

4月から

母校の大学病院に戻ることになった。それに合わせて、都心に引っ越すことになった。決まってすぐなんだが、2,3年後の身の振り方を早速考えているところは、アメリカ的になってしまったか?

ともあれ、文部教官として教育も重要な業務になってくる。ずいぶん遊び好きな文部教官なんだけど、大丈夫だろうか。

| | コメント (0)

Delizioso Italia 恵比寿の路地裏イタリアン

めでたく新居が決定。お祝いに、恵比寿でいちばんお気に入りのイタリアン、Delizioso Italiaにいく。ここは写真の通り、フィレンツェの路地裏レストランって感じ。いつも混んでいて2回転目のことが多かったが、今日は早めの時間の予約にしたので、余裕。

Delizioso













食事の様子を写真でご紹介したいのだが、写真パチパチはお店にもよくないので、レポートのみ。でもここの店員さんはイケメン&ホスピタリティあふれているので、お願いすれば写真OKだと思う。

コースを頼んだのだが、

Antipasto    
 ・前菜盛り合わせ(トマトのジュレ、鶏のパテ?、豆のサラダ、ハムにツナペーストをのせたもの)  
 ・ヤリイカ、ズッキーニ、穴子のフリッター

Primo
 ・北海道産生うに、菜の花のヴェルミチェッリ(太目のパスタ)
 ・生ハム、ポルチーニ、栗のリゾット

Secondo      
 鴨ロースのタリアータ

Dolce いちごのタルト、ソルベ

そしてワインは、お店のかたのレコメンドで、このAglianico del Vultule。南イタリアのワインだが、標高の高いところで作られているので、酸が印象的。なので北ローヌやピノ・ノワールに近く、よって鴨に合うというわけ。
Photo_7























いや、2年たっても、味、店のデコ、ホスピタリティは、まったく変わっていない。ワインも良心的な価格帯で、非常に助かる。すべて文句ないんだが、パスタとリゾットは最高だった。また、来たいお店のひとつなんだが、新居は都内東側なんで、そっちも新規開拓しないとな。






































| | コメント (0)

東京都内の東側

新居は都内東側なんだが、どうしてもアウトダイニングは、なじみのある恵比寿・中目黒方面になってしまう。銀座や日本橋だとフォーマル・高価格で、どうしても遠慮がちになっていた。こちらがわで雰囲気のいいところ、開拓しないといけないな。

| | コメント (0)

宮崎地鶏 車

寒い3連休初日は、妻と都内で新居探し。いい物件は見つからなかったので、いい地鶏にでもありつこうと、宮崎地鶏・車の丸の内店へ。中目黒に住んでいたころは、恵比寿店にちょくちょくリピートしていた。

なんといっても、ひとり3800円のコースがお得。まずはタタキと刺身。アメリカでは、まず考えられない生のチキン。
Photo













そしてじゅうじゅう音を立てて、炭焼き地鶏がやってくる。早いけど、メニューの中ではこれがメインだろうな。
Photo_2
























間に豆腐で箸休め。ナマで豆腐を食べれる幸せを実感。
Photo_3















鶏南蛮。上品なたれで、タルタルソースとはまた違う。
Photo_4
























焼き鳥とつくねを忘れちゃいかんな。
Photo_5
























最後は宮崎名物、冷や汁と鶏握り寿司。冷や汁を食べる酒が解毒されるように感じるのは、僕だけか?宮崎料理に欠かせない一品。
Photo_6















飲み物は、プレミアムモルツに、地元宮崎の麦焼酎のお湯割り、など。ドリンク、食べ物のメニューがとにかく安定している。この定番コースのほかに鍋コースもあるが、やはりあの煤っぽい炭焼き地鶏を食べないと、なんとなく落ち着かない。雰囲気は恵比寿店のほうがエロいが、まあこの際雰囲気は二の次だろう。


近いうちに、ぜひ本場宮崎に行って、地元の地鶏を楽しみたいもんだ。いつになることやら・・・
















| | コメント (0)

ブラインドタッチ

恥ずかしながら、ブラインドタッチができない。帰国して日本語の文章を書くことが多くなったので、一念発起して練習することに。フリーソフトでもいいんだけど、Amazon.co.jp でレビュアー評価の高かったこのソフトを購入。ちなみにこれ、僕のアフィリエイト初展示のお品。

練習コースは、以下の5種類。キーボードの中段のみ、下2段のみ、3段全部、AからZ、小指など弱点強化、って練習メニュー。所要時間とエラー率が表示され、過去の成績と比べるためのグラフ表示もできる。まさにラーニング・カーブ。

ソフトの完成度がどうのこうの言うよりも、スポーツと同じで、毎日練習が大切。3日ほどコツコツやっているが、だいぶうまくなってきた。数値化されると、励みになる。でもどうしても苦手なストロークがあったりはする。あと、使い慣れていない小指が疲れる。

メールができない教授、一本指でタイピングしている研究者などいないとお考えかもしれないが、現実には存在したりする(秘書任せ)。「こいつ大丈夫か・・・」と部下に思われないようにするためにも、基本的なマナーとスキルは身につけていきたいと思うこのごろ。

| | コメント (0)

シリングが重傷、2戦目は松坂?

魚拓 シリング重傷、松坂が先発2番手に? Rソックス

シリングには頑張ってほしいんだけど、あの力投スタイルでは故障も多いだろうな。年齢も年齢だし、引退もありうるかも。うちは初戦なんで、安定感抜群のベケット。松坂に関しては、マスコミとの絡みで先発の日程は動かせない、と読んでいる。読み過ぎか?


| | コメント (0)

ダイソー

独身時代には行ったこともなかった、100円ショップダイソー。今は利用しまくっている。はじめは軽く見ていたが、実は必要なほとんどものが買える。なんといっても文房具と日用品がやはり大きい。アメリカのダラーツリーなんかより、比較にならないクォリティの高さ。

かなりMade in Chinaの占める比率が高いとどこかで読んだことがある。餃子のニュースでたいへんだが、いまどきNon Chinaを貫くと何も買えなくなってしまいそうだし。中国製がすべて悪いとは言いきれまい。

個人的にはMade in Italy or Franceでまとめたいね。大学教員や勤務医じゃムリなんで、考えんと。

| | コメント (2)

村上春樹風に語るスレジェネレーター

個人的に気にいっているサイトがこれ、村上春樹風に語るスレジェネレーター
たとえば、僕の研究分野の睡眠と入れてみる。

村上春樹風に睡眠について語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 07:47
完璧な睡眠などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。
2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 08:32
六月にデートした女の子とはまるで話があわなかった。
僕が南極について話している時、彼女は睡眠のことを考えていた。
3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 10:02
睡眠の目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。
エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。
4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 17:25
「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った。
「たぶんね」
「男の人って睡眠のこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね」と僕は言った。「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね。まあだいたいは睡眠のことを考えながらやっているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」
5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 20:54
「睡眠?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかく睡眠よ。完璧に。二〇〇パーセント」
6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/03 20:56
僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたの睡眠」と呼んだ。
7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/04 00:04
そして今日でもなお、日本人の睡眠に対する意識はおそろしく低い。
要するに、歴史的に見て睡眠が生活のレベルで日本人に関わったことは一度もなかったんだ。
睡眠は国家レベルで米国から日本に輸入され、育成され、そして見捨てられた。それが睡眠だ。
8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/04 10:13
睡眠は盲のいるかみたいにそっとやってきた。
9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/07 01:11
「それはそれ、これはこれ」である。
冷たいようだけど、地震は地震、野球は野球である。
ボートはボート、ファックはファック、睡眠は睡眠である。
10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/12 04:45
「どうせ睡眠の話だろう」とためしに僕は言ってみた。
言うべきではなかったのだ。受話器が氷河のように冷たくなった。
「なぜ知ってるんだ?」と相棒が言った。
とにかく、そのようにして睡眠をめぐる冒険が始まった。
11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/13 18:44
「君の着るものは何でも好きだし、君のやることも言うことも歩き方も酔っ払い方も、なんでも好きだよ」
「本当にこのままでいいの?」
「どう変えればいいかわからないから、そのままでいいよ」
「どれくらい私のこと好き?」と緑が訊いた。
「世界中の睡眠がみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」と僕は答えた。
「ふうん」と緑は少し満足したように言った。「もう一度抱いてくれる?」
12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 20:23
僕はなんだか自分が睡眠にでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。
13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 08:02
「僕はね、ち、ち、睡眠の勉強してるんだよ」と最初に会ったとき、彼は僕にそう言った。
「睡眠が好きなの?」と僕は訊いてみた。
「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、睡眠を作るんだ」
14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 21:12
睡眠には優れた点が二つある。
まずセックス・シーンの無いこと、それから一人も人が死なないことだ。
放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ。
15:名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/15 19:16
他人とうまくやっていくというのはむずかしい。
睡眠か何かになって一生寝転んで暮らせたらどんなに素敵だろうと時々考える。
16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/22 02:21
「ずっと昔から睡眠はあったの?」
 僕は肯いた。
「うん、昔からあった。子供の頃から。
 僕はそのことをずっと感じつづけていたよ。そこには何かがあるんだって。
 でもそれが睡眠というきちんとした形になったのは、それほど前のことじゃない。
 睡眠は少しずつ形を定めて、その住んでいる世界の形を定めてきたんだ。
 僕が年をとるにつれてね。何故だろう? 僕にもわからない。
 たぶんそうする必要があったからだろうね」
17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/26 08:57
その夜、フリオ・イグレシアスは一二六回も『ビギン・ザ・ビギン』を唄った。
私もフリオ・イグレシアスは嫌いなほうだが、幸いなことに睡眠ほどではない。
18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 07:44
「それから君のフェラチオすごかったよ」
直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「睡眠もそう言ってたわ」
「僕と睡眠とは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつ睡眠の話ができるようになっていた。
19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:53
泣いたのは本当に久し振りだった。
でもね、いいかい、君に同情して泣いたわけじゃないんだ。
僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

 僕は・睡眠が・好きだ。

あと10年も経って、この番組や僕のかけたレコードや、
そして僕のことを覚えていてくれたら、僕のいま言ったことも思い出してくれ。




うーーーん、すごいの一言。パターンの把握ってやつだな。村上春樹の小説を、毎日写経のように何百回も筆写していれば、体得できそうだ。

| | コメント (0)

家探し② UR都市機構へ

日曜に行くはずが大雪で断念した、UR都市機構の新宿情報センターへ。物件の詳細はインターネットで充分見れるので、今日の目的は「いつごろがチャンスか」「いい物件探しのコツは」など、現場ならではのTipsを押さえること。で、結論は、

1.いつごろチャンスかはわからない。いい物件は突然出る、で、すぐなくなる。
2.朝一番に現地案内所に行く。いい物件は、午前中にすぐ契約されてしまう

運も大きいが、1日のスタートの早さも重要らしい。次の3連休で決めたいところだ。

| | コメント (0)

レッドソックス戦 in 東京ドーム

のチケットが、めでたく当選した。アスレチックス戦で、予想先発はベケット。去年は松坂戦(=ほとんど敗戦)ばかりだったので、うれしい限り。純粋なMLBを楽しみたいならば、巨人戦などもってのほかで喝だ!って日曜朝のご意見番みたいだな。

| | コメント (0)

体重減少

帰国してから、家計簿と体重とをエクセルで記録している。体重は、ジムのあとのシャワー室で測っている。家計簿の分析はまだだが、体重変化はわかりやすい。帰国時の65kgから、現在は60.75kgまで落ちてきた。運動量の成果というより、酒量を減らし、野菜・豆類中心に食生活を変えた効果かもしれない。

「数値化できない目標は、目標ではない」。ビジネス書にこう書いてあったので、素直にそのまんまやってみたわけ。数字でわかるとモチベーションは確かに上がる。TOEICや論文のインパクト・ファクターもそんなところだろう。

さて次はなにを数値化しようか、と考えているのだが。「論文を年に1本」って設定だと、逆にメンタルに不健康になりそう。

| | コメント (0)

銀行

外資世界最大手?Ci銀行と日本最大手のMTU銀行の2つの口座を持っている。で、先月このふたつの店舗へ直接行く用事があったんだけど、全然違う組織みたいだったね。

Ci銀行の方は、青山のビルの上にあって、広々としたロビー。応接もアメリカ流の、広いデスクとゆったりチェアに座って応談してくれる。その日はイケメンの担当者で、なおさら気持ちがいい。うしろであくせく事務業務している現場を見させられることもない。

かたや、MTU銀行。順番待ちカードを引いて、狭く並んだイスにしばし座る。接客対応のおばちゃんが親切にやってくれるのだが、なんともせわしない。「ただいま担当のものが参りますので」と笑顔だが、書類書きは待合室のすみっこの机でいそいそと。この机も、外資銀行のものと違い、プロレスの凶器で使われるような、組み立て式。

銀行へいった理由も、かなり間抜けだ。合併前のカードと通帳だったので、店番号などがわからなかったり、ガスの自動振り込みで銀行名を間違えて「東○三△U×J銀行」と書いてしまって、書き直しを命じられたからだ。正解は、「三△東○U×J銀行」。おまけに届出印を忘れてしまい、手続き終了は半月後とのこと。留学中のみなさん、ハンコ忘れて「くそ・・・」という場面、結構あると思いますよ。

また医者だとわかると、突然態度が変わって高額商品をすすめてきた。「貴社のエラいかたよりも低賃金ですし、生涯賃金も低い・・」と悪態をつきそうになったが、やめておいた。おとなげない。

金利も相変わらず低いまんま。MTU銀行はそろそろやめて、イーバンクなど便利で、定期の金利も高い銀行への移転を検討している。まあこれ以上、国内銀行の悪口をいうのはやめておきましょう。

| | コメント (0)

家探し①

今の住所、いちおう東京都なのだが、ずいぶん不便なところだ。新宿から電車でそう時間はかからないんだが、駅からさらにバスで数十分というのが痛い。バスは時間が不規則だし、冬は特に寒さがこたえる。環八を超えると、都心よりもはるかに寒さが厳しい。買い物はすべてクルマだったり、北関東にいたときのような生活ぶりだ。

銀座や麻布で飲んでいても、夜は10時半で切り上げないと間に合わない。深夜タクシーでは、13000円も!かかるらしいので、遅くなるときはホテルをとったほうがリーズナブル。

しかしこのわび住まいも、あと1,2ヶ月。今週末はURの情報センターに出向いてみて、新居の賃貸マンションを探りに行く予定。ネットでラクしようとするより、足で稼いだ方がいい物件が見つかるらしい。さて、どういう物件があるのか。4月からの勤務先をはっきりさせるほうが優先順位が高いんだけど、これは自力ではどうしようもできない状態。教授におまかせしています。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »