« ヨーカドーとPrecce | トップページ | ボストン・シャングリラの肉うどん »

スタバ

アメリカでは値段が高くてほとんど飲めなかった、スターバックス・コーヒー。帰国してからはどうかというと、アメリカが懐かしいのか、書斎代わりというか、結構使っている。たまにシナモンロールやドーナツまで頼んでいて、この間はスタバカードまで買ってしまった。ヤニ嫌いの僕にとっては、タリーズやエクセルシオールと違って、完全禁煙も必須ポイント。

今はコーヒー・ショート(240cc)=280円?上がったのかな。でも帰国後の僕はグランデ(480cc)=380円?を頼むことにしている。ショートでは量がもの足らないのと、+100円で容量が倍増するので、トクかな、と思って。

以上の話は、この本のまったく受け売り。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 Book スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

著者:吉本 佳生
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



まあ、量が多い方がネバれるし、本もゆっくり読める。ただ不満なのは、スタバってどこもいっぱいで座席の確保が難しいこと。どこかすいていて、静かでゆったりしたスタバはないものだろうか。銀座松屋近くのスタバが雰囲気的に理想的なんだが、あそこもかなり混んでるしな。スタバファンのブログでも検索して調べたいところだが、そこまでの時間はちょっとないね。

と、コーヒーメーカーすらない、貧困官舎からの脱出まで、あと27日。

|

« ヨーカドーとPrecce | トップページ | ボストン・シャングリラの肉うどん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も最近ブログ更新しました。よろしくお願いします。

投稿: ずーさん | 2008年2月18日 (月) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨーカドーとPrecce | トップページ | ボストン・シャングリラの肉うどん »