« 日本橋 | トップページ | 大学への入職書類・ひとまず完了 »

人形町・スパニッシュバル VASCO

土曜日に、名古屋の実家から妻が上京してきて、ようやく数ヶ月ぶりの同居生活。お祝いはなるべくおしゃれでお値段手ごろなところが・・・で、スパニッシュ。人形町交差点のスペイン国旗につられて、スパニッシュバル VASCOへ。

テーブル数台とカウンター5席程度の、小さなバル。でも、8時ごろにはお客さんでいっぱい。店内には、お約束の?生ハム(ハモン・セラーノか?)の塊がぶらさがっていて、スパニッシュないい雰囲気。お店のあるビルはクラブかスナック?がいくつか入っている、雑居ビルなんだけどね。

まずは、Cavaで乾杯のあと、スペイン産オリーブ自家製マリネの盛り合わせ、ベーコン、半熟玉子、パルメザンチーズとかりかりクルトンのサラダをつつく。そして、春らしく岩塩漬け黒豚と柔らかキャベツのソテーをメインに。やっぱり春キャベツに、あっさりした豚は胃にやさしい。

白ワインでもいいメインだったが、赤のリーズナブルワインでボデガス・アラゴネサス・ドンラモン3500円をチョイス。中軽口で、まろやかで。リオハのような渋みとクセはなく、南仏のようなテイスト。もうちょっと果実感がほしかったかな。

バスク料理だそうだが、今度は本店のSOLのほうにもいかないとな。あと、Coming SoonのSevillaが気になる。アンダルシア料理だったら、夏にガスパチョ食べに行かないと。ちなみに、ふたりで総額7800円。日本橋サン・パウへの道のりははるかかなただが、ご近所グルメとしては充分満足。

|

« 日本橋 | トップページ | 大学への入職書類・ひとまず完了 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本橋 | トップページ | 大学への入職書類・ひとまず完了 »