水天宮前 ごちそう家 ぽん太

もう2週ほど前の話なんだが、引越し後の初めてのご近所グルメで行ったのが、ごちそう家ぽん太。銀座や恵比寿の和食は、なんだか初めてでは入りづらいが、うちの近所はふらっと入れるようなこじゃれたお店が多い印象。

ここのウリは、すべて九州直送。中央区なのに、築地をスルー。すごいお店だ。まずは、ミル貝のしょうゆバター炒めから。しょうゆバターってのは、居酒屋的で落ち着く。
Photo












豊後水道か玄界灘か?九州直送のいわしの塩焼き。実はいわしは煮たものしか食べたことがなかったので、新鮮。脂がのっていて、しかも焼具合もいいあんばい。
Photo_2






















この日は寒かったので、鍋を食べようということに。そこで九州の高級魚、クエの鍋。アブラボウズ偽装疑惑とちょうど時期がカブッたんだが、九州直送にこだわるこのお店ならノープロブレム。
Photo_3














仕上げは、ウニ味噌のおにぎり。うーーん、もったりとしたクリーミーさがよかったです。スィーツみたいなものでした。
Photo_4























やっぱり日本酒ってことで、福岡の日本酒を合わせました(銘柄忘れた!、次回確認)。ここもリピート度高い。週末の夜なんかは、予約したほうがいい感じだね。ちなみにここの3階は、イタリアン・バーPONTAになっている。素材にこだわっているので、カルパッチョやアクアパッツァ、グリルも、期待大きいね。







| | コメント (0)

築地 リストランテ・ナチュラーレ

飲み友達が、われわれの帰国祝いをイタリアンでやってくれるといううれしいお話。日曜貸切りでパーティってことで、築地・リストランテ・ナチュラーレで。実はマダムもシェフも飲み仲間なんで、周りを気にせず内輪だけで楽しめるってわけ。

| | コメント (0)

金沢片町・葡萄酒街道

春休みをいただいて、帰省。今夜は片町のアパホテルで、1泊。魚や寿司もいいんだけど、そればっかりでは芸がないので、金沢片町のワインバー、葡萄酒街道へ。

レポは後日。かなりよかったよ。

| | コメント (0)

たいめいけん

書くまでもないぐらい有名な定食屋、たいめいけん。約20年ぶりに行ってきた。

定番のオムライス。卵の作り方が、プロフェッショナル。定食の域を超えて、スィーツのような食感だ。

_













しかしこのお店の真の定番は、ボルシチとコールスロー。なんと20年前と同じ、それぞれ50円ぽっきり。ボルシチより、薄味のミネストローネって感じ。

__2












原料価格の高騰激しい今の時代、逆に心配になるが、ほかのメニューはそう安くはないので、ペイするんだろうか。カレーライスやラーメンもあるので、トライしてみたいね。


| | コメント (0)

人形町・スパニッシュバル VASCO

土曜日に、名古屋の実家から妻が上京してきて、ようやく数ヶ月ぶりの同居生活。お祝いはなるべくおしゃれでお値段手ごろなところが・・・で、スパニッシュ。人形町交差点のスペイン国旗につられて、スパニッシュバル VASCOへ。

テーブル数台とカウンター5席程度の、小さなバル。でも、8時ごろにはお客さんでいっぱい。店内には、お約束の?生ハム(ハモン・セラーノか?)の塊がぶらさがっていて、スパニッシュないい雰囲気。お店のあるビルはクラブかスナック?がいくつか入っている、雑居ビルなんだけどね。

まずは、Cavaで乾杯のあと、スペイン産オリーブ自家製マリネの盛り合わせ、ベーコン、半熟玉子、パルメザンチーズとかりかりクルトンのサラダをつつく。そして、春らしく岩塩漬け黒豚と柔らかキャベツのソテーをメインに。やっぱり春キャベツに、あっさりした豚は胃にやさしい。

白ワインでもいいメインだったが、赤のリーズナブルワインでボデガス・アラゴネサス・ドンラモン3500円をチョイス。中軽口で、まろやかで。リオハのような渋みとクセはなく、南仏のようなテイスト。もうちょっと果実感がほしかったかな。

バスク料理だそうだが、今度は本店のSOLのほうにもいかないとな。あと、Coming SoonのSevillaが気になる。アンダルシア料理だったら、夏にガスパチョ食べに行かないと。ちなみに、ふたりで総額7800円。日本橋サン・パウへの道のりははるかかなただが、ご近所グルメとしては充分満足。

| | コメント (0)

吉祥寺 焼肉李朝園

今夜は医局の先輩・後輩と吉祥寺で焼肉。情報交換など謀議の際は、よく利用している。久しぶりなんで、どういう話が聞けるか。

| | コメント (0)

ひつまぶし・うな東

これも近日アップ。意外なところにある、ひつまぶしの名店。雑誌BRIOも置いてあったりするうなぎ屋とは・・・

| | コメント (0)

ビストロ・コーリーズ

栄の住吉小路にあるビストロ、コーリーズに。写真は、後日(3月半ばごろ?)アップ予定。いただいたのは3800円のコースで、

赤ピーマンのムース
ホタテのテリーヌ&フランス産白アスパラガス
アンチョビオリーブと人参サラダ
小イカのバスク風煮込み
有機ポテトのグラタン
ビーフ with ライス
練乳いちごのソルベ

ワイン:コート・デュ・ヴァントー


シェフとウェイターのふたりでやっているので、テーブル数席とカウンターのみのビストロ。フレンチだが、南欧色が強い内容。ワインは、南仏、イタリア、カリフォルニアが中心。コースは、3800円と6000円の2種類。アラカルトも豊富。リピートの価値大アリ、かつ夏もフレンチ行きたくなった。

| | コメント (0)

名古屋グルメ

本日のグルメ

昼食 とんかつ・かつ雅 小幡店
13時で行列。味噌ロースかつ定食を注文。肉はほのかな甘みがあって、上品。たれは、矢場とんよりあっさりしていて上品。

夕食 栄の居酒屋・kululuへ。名古屋コーチン、ぶりの刺身、鳥だしのきしめん、など。食事よりも、ひさびさのプレミアム・モルツに感動したりする。

栄も、お店の栄枯盛衰は激しいみたい。若者向けのお店が多いので、僕ら世代に合うお店は、ビジネス街の伏見のほうが今はあるかもしれない。次回開拓。

| | コメント (0)

宇都宮ギョーザ

栃木県の某医大からオファーを受けていたんだが、都内の母校に戻ることになったので、教授に辞退のあいさつをするため栃木に行ってきた。教授はちょっとがっかりしたようだったが、今後もお互いWin-Winなコネクションが維持できるようにと景気よく話を締めたので、後味よかったはず。ついでに今後のコラボ計画もまとめてきた。

しかし、メインはやっぱり、ギョーザ。このごろとにかくニュースへの露出が多いが、あれを見るたびに、なんとか宇都宮へ行くタイミングを見計らっていたのも事実。いつも行くのは、老舗「みんみん」。宮島町本店は休みだったので、JR宇都宮駅店へ。

地ビールと焼餃子2人前を注文。ごはんとザーサイとのマリアージュも絶妙なのだが、ダイエットのためご飯はカット。写真がないのが惜しいが、なんといっても皮の薄い部分が焦げてクリスピーなクレープ状になっているところが、素人ではなかなかできない業。客もたいてい、具や全体のバランスがどうのこうのより、この焦げた皮を賞賛する声が多いようだ。地ビールが、これまたエール系。サム・アダムズにちょっと似ている。あれほど苦味はないけど。

たまには食べたい、宇都宮ギョーザ。しかも冷凍じゃなく、もちろんナマで。少しエネルギーが付いたところで、北関東より寒々しい官舎脱出まであと19日。






| | コメント (0)